夏のお花たち

2012052809450000.jpg
2012052811410000.jpg
先週、行ってきました~。
この日も、とても綺麗な青空が広がっていました♪
バスと電車を使っていくと、実家まで1時間はかかってしまいます。
そこで今回は、自転車で行くことに!いつも、前の座席に座っている怜那は、後へ。
荷物を前に。レッツゴ~~♪
気になる時間は・・・・といいますと、なんと30分!!
しかも、何の気兼ねもなく青空と風を浴びながらの気持ちいいサイクリングでした。
さてさて、その日はお手伝いして下さる母のお友達が数人いらしていました。
9時半から、お花の位置を確認して、簡単に穴を掘ったりの下準備。
10時にお花屋さんが約150株ものお花を運んでくださり、実際にお花を置いていきながら、
色の配色や、花の成長の特徴をきいて、配置を決定していきました。
そして、いよいよ植え込み~!
まだまだ小さなお花たちですが、これからどんどん成長していき、花壇を華やかにしてくれると
おもいます。とても楽しみです☆
お昼頃おわって、父が皆さんにお弁当まで用意してくれました。
そして、余ったお花も少しずつみんなでわけて、私は再び自転車で帰宅。
帰ったらすぐお弁当を食べて、急いで練習~~♪
ものすごい上り坂もあったため、クタクタでしたが、、、14時すぎには奏花も帰ってくるし、
休んでなんていられな~い。
そして、奏花が帰ってきてからは、同じ幼稚園のお友達と家の前でお遊び♪
一日が本当に早い(^^;)
でも、いい一日でした☆

コンサートのお知らせです!!

7月16日コンサートチラシ.jpg
8月5日コンサートチラシ.jpg
7月16日は、秦野市にございます「ギャラリー楓」という美術館のような感じの
素敵なところです★休憩時には、コーヒータイムとなりますよ♪
【開場】13時半   【開演】 14時
お問い合わせ
ギャラリー楓 0463-63-2330(月/火曜休館)
さて、次は8月5日の西本梨江ちゃんのコンサートの友情出演です。
東日本大震災のチャリティーコンサートです。
【会場】   港南区民文化センター ひまわりの郷
     (上大岡駅にあるウイング上大岡4階)
【開場】 18時半    【開演】 19時
【全席自由】3500円
チケットのお求め・お問い合わせ
MED企画 045-853-1512
ひまわりの郷 045-848-0800
みなさま、是非お越しくださいませ☆

満席!有難うございました!!!

7/23「音のびっくり箱」無事終了しました♪
広報でお知らせがあってから、なんと2日で前半後半とも満席&キャンセル待ち状態
でした。我が子も3日目に電話予約をいれ、キャンセル待ちでした。お友達も急いで
電話を入れましたが、キャンセル待ちとか受付終了とか・・・・・・(;;)
前日の夜間リハでは、想像以上に楽しく歌のお姉さんたちのダンスや歌に感動し、なんとしても
奏花にもみせてあげたい!!と願っていました。
次の日も朝早いため、実家にもどると、「キャンセルが出たので入れます!」という
連絡が入ったのこと!!ラッキー☆
次の日、父が連れてきてくれました。
本番中、奏花の様子を見てみると、やっぱりママ恋しいんですね。
私のことをずっとみていました。拍手をしたり手拍子やダンスもなんとなくしていました
が、夢中に・・・ではなさそうで、私を見て手をふってきたり、とにかくじ~っと
みつめてきたり。ごめんね、さみしかったかな。。。。。
前半終ってから、会いに行くとやっぱりママから離れたくない様子。
本番までは私がみれるけど、本番中一人で客席にいれるかなぁ・・・と心配しましたが、
本人は「できる!!」とのこと。コンサートの内容からしても、大丈夫!と奏花を信じ
一緒にいることししました。怜那は午後からは保育園でした・・・・。
出演者のみなさんに遊んで頂き、ご機嫌な奏花。
昼休憩中はステージに上がり、スポットライトを浴びながらダンスをしたり、楽屋
でみなさんにお茶菓子を配ったりドレスをメイキングしたりお世話係をする奏花。
歌の方のお嬢さんが来てくださり、後半のコンサートを一緒に見てくださるとのこと。
本当に助かりました。そして、みなさまに大変お世話になりご迷惑おかけしました。
そして後半のコンサートも無事終了。
お客さんもいっぱいで、子供たちの元気いっぱいの声も聴く事ができました。
市の職員の方々、出演者のみなみなさま、スタッフのみなさま、両親に子供たちに
そして、こうして音楽活動をすることを許してくれている主人に心から感謝します。
ありがとうございました♪
コンサート終了後、奏花と一緒に怜那を迎えに行きました。
ドレスに荷物に楽器に甘えてくる奏花を抱っこして保育園へGO。
怜那は機嫌よくすごしていたみたいです(^^)おやつもお友達と一緒に食べ、遊んで
いました。
今度は怜那をおんぶして帰りました。
暑さや荷の重さより、子供たちと一緒に歩いている時間がとても愛しく、ゆっくりと
ゆっくりと風を感じながら青い夏空を見ながら歩きました。

奏花大活躍!!

「いないいないば~~~☆」
と最近とても怜那の世話をしてくれる奏花。
怜那も、ちょっと「?マーク」のような顔つきをしたり、ケラケラと笑ったり、
色々な表情をみせるため、奏花はそれが面白くてたまらないようです。
おむつを捨てるのは「奏花やる~~」とやってくれたり、おしりふきまでもって
きてくれたり、抱っこしたがったり、写真は怜那と一緒に映りたがったり・・・・と
つねに怜那を隣においてくれます。お昼寝も二人で☆夜寝るときも一緒☆
その寝顔は何とも言えないほど愛らしいです(^^)
また、最近魔女の宅急便にはまった奏花は、先日外で見つけた木を拾ってきて、
一生懸命その木にまたがり、飛びたがります。
「ママ、これとびない~~(飛べない)」
と、魔女のキキのように飛べないのを不満そうに、でも何度も何度もまたがり
走ったりジャンプしたりして、飛ぼうとしています♪私も、なんとかして飛ばして
やりたいと、今日は持ち上げてやってみようかなと思います☆どんな反応するかしら。
昨日は、公園で走りまわりました♪
とても暖かかったため、お友達もとってもいっぱい来ていて、みんなで遊びました。
ここでは、みんながそこにいる子供たちをみるので、怜那は、周りのママたちがお散歩
してくれたり、あやしてくれたり、奏花と遊んでくれたり、私も他の子供たちと
遊んだりと、ホント楽しくて明るくて安心で温かい場所です。
みんなでそれぞれの子供たちの成長を見守っているため、感動も沢山あり、また妊娠
したママさんへの喜びや、新しく誕生した赤ちゃんにもみんなで寄ってたかって
喜びあいます(^^)
☆とても大切な場所です☆

子は親の鏡☆

人は、自分の鏡よ・・・。
小さな頃からいつも母に言われてきた言葉。
人の嫌だなぁ、とか悪いな・・・と思ったところは、それは、自分自身の姿として
受け止めなさい。と、教わってきました。自分の姿を、周りの人が色んな形で教えて
くれているんだと。へぇ~~~・・・・、くらいにしか幼い私は思っていませんでした。
でも、先日あるお話を聞きに行き、はっとしたんです。
「子は、親の鏡」
と、いろんな人の子育てのお話を聞きました。
小学生のお子さんを持つある方は、毎朝が戦場のようにバタバタし、子供たちを
「早く早く!!」
とせきたて、怒りながら慌ただしく送り出す日々。
どうしてこうもこの子達は準備が遅いのかしら・・・なんて思っていたところ、
自分の姿を見直したそうです。すると・・・・・・、
いつもぎりぎりまで準備をしていないギリギリセーフの生活をしていた自分のことに
気づき、
「あぁ、子供たちは見事に私の真似を、、、私の姿そのままを映してくれてるんだわ」
ということに気づいたそうです。
それから、まず自分のそういうところから見直し変えていき、子供たちには毎朝せかさないぞ!と心に決めたそうです。
何も言わず、見守る・・・・。そうしていると、自分の心が子供たちに対し「早く早く」から「がんばれ、がんばれ」
に変わっていき、ようやくできた子供たちに「よくできたね~~」と褒める余裕まで
できた!ということでした。
子供は何も悪くない。
いつも、私達の姿を映し出してくれて、気づかせてくれる。なんてすごいんだろう!!
と思いました☆というようなお話しでした。色々な形で現してくれるけど、それらの
メッセージに気づくかどうかは親自身なんですよね。と・・・・。
他にも、沢山感動する話しやなるほど~~という話しを聞かせてもらいました。
確かに、最近物分りがよくなった奏花に対して、私はすぐに「早く~~」って言っていました。
よし、何でもいいからやってみよう!と、昨日から私は「早く」という言葉をぐっと
飲み込み、心の中で「がんばれ!」に変えてみました。
面白い事に、イライラしないんです!!まだ時間がかかるから、こっちが時間をつくって
あげればいいことでした。そして、がんばれ~って応援することで、子供はもっともっと
やる気や意欲が湧いているみたいで、本当に一生懸命やっています。
当たり前のことかもしれませんが、すっかり忘れてしまっていました(^^;)
反省~~~&ごめんね、奏花。
先日、怜那ちゃんの予防接種に行きました。
はじめてのお注射に、怜那ちゃんはびっくりしたのか、痛かったのか、それはそれは
大きなこえで
「ギャ~~~!」
と泣きました。
奏花は2歳になるころまで泣いた事はなかったので、そんなものかなぁ、なんて思っていましたが、
怜那ちゃんは敏感のようです。
感覚が鋭くてよろしい☆
と、先生に褒めていただき、また来週お注射です。
いっぱい表現してね、怜那☆☆☆

受け入れると言う事

「現実大肯定」
漢字あってるのかしら・・・・(^^;)
 簡単に言うと、今自分におきていることを認める、ということらしい。
こんなはずではなかった。。。とか、どうして自分が。。。とか、他人がうらやましく
思えたりすることも、今の自分または、自分にある環境を否定している姿。
まず、受け入れる事・認めること。そして、そこから自分自身が変わっていけるよう
努力すること。相手に求めてはいけない。
今日、そんなことを母から学びました。
自分がわがままになっていると、今まで見えていたこともわからなくなってしまうよ。
本当は、すごく幸せなことなのに、それも見えなくなってしまうよ。
どんなことも、有難いと思ってうけとめるのよ、、と。
自分の好きな事だけ頑張れてもだめ。そうじゃないことにも辛抱強くなりながら、人としての器をひろげていくのよ。
あなたは、もっと精神的に強くならなきゃね☆と言われました。
確かに、確かに、私は弱い。
フルートの事には頑張れても(まだまだ半端だけど)、他の事は失敗と反省だらけです。
頑張ってるつもりだったけど、本当に「つもり」でしかなかった。
さみしいけれど、くやしいけれど、それが現実ですね。
自分の弱さ、小ささが相手を傷つけてしまうことあるんですね。
叱ってくれる人は有難い存在です。
そして、いつも見守ってくれ応援してくれる母は、本当に大切な大切な存在☆

 あけましておめでとうございます★

ご挨拶が・・・・・・大変遅くなりました・・・・・。
今年もどうぞ宜しくお願いいたします(^^)
さて、新年の初コンサートは、座間市での市役所ロビーコンサートです。
これは、座間市演奏家連盟のメンバーの方々などが色々な編成で色々なメンバーで
、ほぼ毎月行っているミニコンサートです。
毎度、市役所の方々等にご協力を頂きまして、また沢山のお客様に迎えられ、
とても温かいコンサートとなっています。
この度私は、オーボエの鈴木深恵さんとピアノの山本実穂さんと共演させていただきます。
コンサートは20分間と短いですが、今回演奏します曲目は、とてもいいですよ!!
へ調のメロディ、ヘンデルの「私を泣かせてください」、チャップリンのモダンタイムス
・・・などなど色とりどりです★楽しみだなぁ。
怜那ちゃんは、ママのコンサートを聴きに来るのは、これで2回目になるかな。
でも、リハーサルや日々の練習で聞き飽きているかしら。。。(^^;)
早いもので、もう怜那ちゃんは3ヶ月になりました。
首もすわり、相変わらずよ~~く寝る子です☆
そして、よく笑い、よくおしゃべりし、よくおっぱいを飲む!!
奏花ちゃんは、お料理が好きで、ママによくお弁当やご飯を作ってくれます♪
(もちろん本物ではなく、オママゴトです)
ビックリするのは、楽器演奏です!!
フルートの音が出せることや、音楽に合わせてリズムを刻んだり歌ったり、音程も
合っていたり、音楽が流れてくるとその楽器の名前を言ったり(全てわかるわけでは
ありませんよ~~)、いつの間に!!ということやハッとさせられることが多々あって
、いつもびっくり&感動です。
ママが、練習しているときなかなか上手にできなくて苦戦していると、
「ママ、がんばってね~~」
とか
「ママ、いっぱい練習しなきゃぁ~~!!」
とか言うのです。。。。。。
子供との時間はとっても大切。今は、これが一番です。
でも、自分のことは自分のこと。できる限り怠らず、努力していきます。
妻として母として、奏者として、いい年にしていこうと思います♪
今年もみなさまの笑顔が沢山みられますように・・・♪
どうぞ宜しくお願いいたします☆☆☆

今年もあとわずか・・・・・・★

気づいてみれば、あと2日で新年ではないですか!!!
今年は、沢山の方に見守られながら、怜那も無事に元気に生まれてきてくれ、また家族が
一人増えた喜びを感じることができました。奏花も元気いっぱいにやんちゃ娘していて、
周りの人にいっぱい愛情を受けながら育っています。パパも、特に大きな怪我や病気もなく
仕事に集中することができました。
これも、すべてまわりの本当に沢山の方々の支えのおかげです。
有難うございました!!!
わたしも、今年は色々な経験をさせていただき、沢山の方との出会いもあり、幸せいっぱい
の一年でした。怜那を出産し、2ヶ月でコンサートもしましたが、これも家族の主人の協力
なしではできないことでした。本当に感謝でいっぱいです★★★
また、新たな課題を胸に来年も充実した日々を過ごしたいと思います。
そして、母としても奏者としても成長できますよう、いい音楽をお届けできますよう
努力いたしますので、みなさまどうぞ、来年も宜しくお願いいたします(^^)v