Home > Photo・camera関連 > ExifTool

ExifTool

フィルムで撮った写真には、大抵スキャナのデータがくっついてしまうのだけど、どのカメラ、どのレンズで撮ったのかを自分で上書きするためのメモ。ちょうど Twitter でそのやりとりをしていた方々がいたので、一緒に教えてもらった。

ExifTool は便利らしいので、後にまとめてくれるかもかもかも? :D という話も出たりしてたので、心強い。後日見られる事を楽しみに、気長に待っていよう〜。 た!(後述)

まず今回の目的を達成すべく ExifTool をダウンロードしてインストールしておく。

以下自分用カンペ

いざExif情報を編集

先でも後でもいいとは思うけど、恐らく私は書き出し直前にExif編集する。気持ち的にはターミナルとか見ただけで頭痛い。w

1.Lightroom

:右クリック " Finder で表示"

2.ターミナル

:打ち込んだ後、写真をドラッグアンドドロップ、リターンキー。

exiftool -Make="Norita Kougaku" -Model="Graflex Norita66" -FocalLength=80mm -Lens="Noritar 80mm/F2.0" 

(メモ)exiftool とだけ打ってリターンすると、書き方らしきものがズラーっと出てくる。(メモ)追加情報は半角スペースで区切る。よって、名称に半角スペースが含まれる場合は " か ' で囲う。どちらでもいいっぽい。半角スペースが名称に含まれない場合は囲まなくていい。

-Make
画像入力機器のメーカー名
-Model
画像入力機器のモデル名
-FocalLength
焦点距離
-Lens
レンズ

その他、

-overwrite_original
ファイルが持つ元々のExifに上書きするかしないか。これを書くと上書き。書かない場合は、新しいExifが上書きされて、ファイル名_original というファイルが複製される。元ファイルの複製なので、容量節約のためにいらなければ削除しても。

3.Lightroom

:Lightroom に反映させるときは、該当ファイル上で右クリック "メタデータをファイルから読み込む"

これプラス、Lightroomでそもそも設定している情報がくっついて完成。私の場合はオリジナルファイルよりもアップするものは少し小さくしているので、Lightroomから最後に書き出しつつアップ。アップした写真の、ExifのCameraのところを見ると、現像屋さんの機械名だったのが、ちゃんとカメラ名になりました。

thx :D

というわけで、はじめての編集、なんとか完了。HeavenlyShellさん、toshi[G2panda]さん、ありがとうヽ(。・ω・。)ノ

7/31追記 もっと細かなExifToolの使い方をtoshi[G2panda]さんがまとめて下さっています。ありがたや〜。

Comments:0

Comment Form

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://instinc.jp/mt/mt-tb.cgi/1894
Listed below are links to weblogs that reference
ExifTool from INSTINCのおもちゃ箱

Home > Photo・camera関連 > ExifTool

Author
Search
Feeds

Return to page top