満席!有難うございました!!!

7/23「音のびっくり箱」無事終了しました♪
広報でお知らせがあってから、なんと2日で前半後半とも満席&キャンセル待ち状態
でした。我が子も3日目に電話予約をいれ、キャンセル待ちでした。お友達も急いで
電話を入れましたが、キャンセル待ちとか受付終了とか・・・・・・(;;)
前日の夜間リハでは、想像以上に楽しく歌のお姉さんたちのダンスや歌に感動し、なんとしても
奏花にもみせてあげたい!!と願っていました。
次の日も朝早いため、実家にもどると、「キャンセルが出たので入れます!」という
連絡が入ったのこと!!ラッキー☆
次の日、父が連れてきてくれました。
本番中、奏花の様子を見てみると、やっぱりママ恋しいんですね。
私のことをずっとみていました。拍手をしたり手拍子やダンスもなんとなくしていました
が、夢中に・・・ではなさそうで、私を見て手をふってきたり、とにかくじ~っと
みつめてきたり。ごめんね、さみしかったかな。。。。。
前半終ってから、会いに行くとやっぱりママから離れたくない様子。
本番までは私がみれるけど、本番中一人で客席にいれるかなぁ・・・と心配しましたが、
本人は「できる!!」とのこと。コンサートの内容からしても、大丈夫!と奏花を信じ
一緒にいることししました。怜那は午後からは保育園でした・・・・。
出演者のみなさんに遊んで頂き、ご機嫌な奏花。
昼休憩中はステージに上がり、スポットライトを浴びながらダンスをしたり、楽屋
でみなさんにお茶菓子を配ったりドレスをメイキングしたりお世話係をする奏花。
歌の方のお嬢さんが来てくださり、後半のコンサートを一緒に見てくださるとのこと。
本当に助かりました。そして、みなさまに大変お世話になりご迷惑おかけしました。
そして後半のコンサートも無事終了。
お客さんもいっぱいで、子供たちの元気いっぱいの声も聴く事ができました。
市の職員の方々、出演者のみなみなさま、スタッフのみなさま、両親に子供たちに
そして、こうして音楽活動をすることを許してくれている主人に心から感謝します。
ありがとうございました♪
コンサート終了後、奏花と一緒に怜那を迎えに行きました。
ドレスに荷物に楽器に甘えてくる奏花を抱っこして保育園へGO。
怜那は機嫌よくすごしていたみたいです(^^)おやつもお友達と一緒に食べ、遊んで
いました。
今度は怜那をおんぶして帰りました。
暑さや荷の重さより、子供たちと一緒に歩いている時間がとても愛しく、ゆっくりと
ゆっくりと風を感じながら青い夏空を見ながら歩きました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です